(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップのためのファッションビジネス基礎知識
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■アパレルの職種■


ひとくちに、「アパレル業」といっても、さまざまな職種によって成り立っています。

そこで、アパレル業に関するおもな職種をご紹介したいと思います。



■ブランド・マネージャー■

ブランドの全体の統括責任者、ディレクター。

ブランドのコンセプトやイメージを創案し、全体をマネジメントする役割。
時代の先を読む予測力と同時に、現在の消費者の気分を知る、2つの視点が必要とされる。



■デザイナー■

流行トレンドの先を読み、消費者の望む商品を創造するクリエーター。

流行の先を読み、自らのイメージやブランド・コンセプトを具現化していく。
個人の高級注文服をデザインする「オートクチュール・デザイナー」、高級既製服をデザインする「プレタポルテ・デザイナー」、特定企業に属して既製服をデザインする「企業デザイナー」などがある。フランスでは、オートクチュール・デザイナーのことを「クチュリエ」、プレタポルテ・デザイナーのことを「スティリスト」という。



■パタンナー■

デザイナーのイメージやデザインを、パターンと呼ばれる型紙に起こす翻訳者。

デザイナーの描いた平面画を、服というの立体につくりあげる。デザインや素材、色に関する知識とともに、デザイナーとのパートナーシップを築くことのできるコミュニュケーション力が要求される。
英語では、パタンナーのことを「パターンメーカー」、フランスでは、「モデリスト」という。



■プレス■

企業イメージ、ブランドイメージの演出家。

マスコミ対応など、広報の窓口担当者。自社や自社ブランドのイメージをプレス(報道関係者など)に伝える。
商品の写真や製品の貸し出し、取材のアポイントメント調整なども行なう。自社ブランドの方向性、ファッション動向、競合ブランドの動向なども把握しておくことが重要。プレスは、「プレス・アタッシェ」と呼ぶ場合もある。最近、特に人気のある職種。



■マーチャンンダイザー(MD)■

企画から販売まで、商品に関する総責任者。

ブランドのコンセプトに即した商品企画から、商品化そして販売にいたるまでの、売上管理、利益管理、人事管理などの全責任を負う。
ファッションセンス、マーケティング、コミュニュケーション、そして、計数管理に至るまでの広範囲のスキルが要求される。




■カラーリスト■

色彩に関するスペシャリスト。

流行色情報を収集・分析し、商品の色彩計画を提案をする。
ファッションビジネスにとって、色、素材、デザインは、三位一体のものであり、切り離して考えることはできない。これまではデザイナーが、カラーリストの役割を果たすことが多かったが、イメージの演出に色の果たす役割が高まるにつれ、専門職としての重要性が増している。



■生産管理■

モノづくりを支える裏舞台のプロデューサー。

実際の服作りに際してのプロセス、アパレルの生産システムを支える。
洋服の素材としては、服飾生地のほかに裏地やボタン、ファスナーといったさまざまな服飾副資材が必要となる。そうした生地や服資材の調達に始まり、縫製工場と折衝など、生産工程の全てをとりしきる。



■セールスマネージャー(営業担当)■

個別ショップをサポートする販売のプロフェショナル。

いくら良い服を作っても、売れなければ何もならない、ブランドの成功のために、販売戦略を実践するのがセールスマネジャーの役割。
販売先の開拓や展示会などでのセールス活動、販売スタッフへのアドバイスなど業務の幅は広い。



■ショップマネージャー(店長)■

販売スタッフ、顧客を掌握するショップの責任者。

消費者との接点である個別ショップを運営する、最前線の指揮官。
自らが販売するだけではなく、商品管理、仕入管理、顧客管理、予算管理、人員管理など、ショップの、「ヒト・モノ・カネ」をマネジメントする管理職。



■バイヤー■

センスと行動力を兼ね備えたネゴシエーター。

ショップコンセプトや顧客ターゲットを理解したうえで、次の流行トレンドをにらんだ商品展開を考え、買い付けを行なう。仕入先との交渉はもちろん、ショップ担当者の意見や多方面からの情報をもとに、商品展開を分析、実践する。
細部にこだわる繊細さと、大胆な決断力、タフな交渉能力を求められる職種。海外商品の人気が高まる中、世界を相手に活躍できるバイヤーの仕事は、人気が急上昇している。



■ビジュアルマーチャンダイザー■

ショップイメージを創造するプロデューサー。

人間が識別する情報の80%を占めるともいわれる、「視覚」に訴求した店頭演出(ビジュアルマーチャンダイジング=VMD)を行う専門職。
単純に商品をディスプレイするだけでなく、訴求したいテーマ、顧客ターゲットのライフスタイルを考慮し、ショップ全体のイメージをプロデュースする。



■ファッションアドバイザー(FA)■

「真実の瞬間」を担うコミュニケーター。

ショップ店頭で消費者とコミュニケートする販売員。顧客と接するその瞬間を「真実の瞬間」と呼び、最も重要な顧客との接点といわれているが、その瞬間を担うのが、ファッションアドバイザー(=FA)の職種。
商品知識はもちろん、コーディネートや着こなしの提案などの情報提供、コミュニケーション技術が必要とされる。また、商品管理、伝票整理、販促アイテムの作成など、その業務は多岐にわたり、接客センスだけでなく、トータルな能力が要求される。



私たちが店頭で手にしているアパレル製品は、このような職種の方々の協力と努力の結果によっているんですね。

これらの人々によって、私たちの現在の豊かなライフスタイルは実現されているわけです。



このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.