(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップのためのファッションビジネス基礎知識
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)とは■



ファッションビジネスに特徴的な概念としては、このVMDが挙げられると思います。


VMDを日本語に訳すと、『視覚的演出効果』となります。


VMDとは、自店のマーチャンダイジング(Marchandising)を、視覚的に(Visual)訴求していくことです。



要するに、消費者にとって、『見やすく、選びやすく、買いやすい』売り場を総合的につくっていくことが目標となります。


よく、「VMD=ディスプレー」と思われている方もいるようですが、それは、間違いです。


ディスプレーは、あくまでもVMDの一要素にすぎません。




(MD、VMD、ディスプレーの関係は以下の図のような関係にあります。)


       


そして、このVMDの展開は、以下のような、ハード面とソフト面から構成されています。



 ○ハード面‥内外装、什器、照明など
 ○ソフト面‥ゾーニング、レイアウト、陳列、ディスプレー、POPなど




■VMDの「3つの場」■


VMDは次の「3つの場」で構成されています。



 ●VP(Visual Presentation)…ショップイメージを作る場。

重点商品やテーマなどをトータルで表現します。場所はショーウインドウなど。



 ●PP(Point of Sales Presentation)…それぞれのコーナーの「顔」を作る場。

IPの中の代表する商品を強調して見せます。場所はコーナー横トルソー、テーブルや棚の上など。



 ●IP(Item Presentation)…商品を陳列する場。

商品特性(アイテム、デザイン、カラーなど)で分類して見せます。場所は棚、ハンガーラックなど。



どうして、このように、わざわざ3つに「場」を分けて、プレゼンテーションする必要があるのでしょうか?


それは、お客様が買い物をする際の、心理変化と関係しています。


人は購買決定を行なう場合、一定のプロセスを経て決定しています、一定の心理変化を経てから、「これを買う」という最終決定を下しているのです。



この一定の心理変化を一般的には、「AIDMA(アイドマ)の法則」とよんでいます。


VMDを展開する際には、このAIDMAの法則を知っておくとよいと言われています。




■AIDMA(アイドマ)の法則■


「AIDMAの法則」とは、


Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)


の頭文字を取ったもので、アメリカの経済学者、ローランド・ホールが考え出した「消費行動」に関するプロセスモデルです。



消費者が、最終的な購買に至るまでには、大まかにいって上記の5段階の心理変化がある、という法則です。



■「AIDMAの法則」と「3つの場」の関係■


「AIDMAの法則」と「3つの場」の関係を表すと以下のようになります。



@Attention(注意):「あっ、何かしら、気になるわ。」

  場‥VP、4〜8mの距離なので、が決め手になる。



AInterest(関心):「まあ、ステキ!ちょっと覗いてみよう。」

  場‥VPとPP、2〜4mの距離なので、デザインが決め手になる。



BDesire(欲求):「コレいいな、欲しいな。」

  場‥PPとIP、1〜2mの距離なので、素材感が決め手になる。



CMemory(記憶):「どんな服と合うかしら、でも、ちょっと他の店も見てみようかな。」

  場‥IP、45p〜1mの距離なので、着まわし感が決め手になる



DAction(行動):「やっぱりコレにしよう!コレください!」

  場‥IP、45p以下の距離なので、着心地感が決め手になる



「AIDMAの法則」を参考に、VMDを考えていけば、消費者にとって、『見やすく、選びやすく、買いやすい』、売場づくりができます。



このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.