(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップのためのファッションビジネス基礎知識
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■ディスプレーは難しくない■



毎日、洋服に接している販売員でも、ことディスプレーに関しては、「上手に出来ない」、「どうも苦手」という方が多く見かけられます。


まして、ファッションビジネス初心者ともなれば、「なんだか難しそう」と、不安を抱いている方が大半なのではないでしょうか?


しかし、ディスプレーは、基本さえしっかりマスターすれば、それほど難しいものではないのです。


たとえ、初心者であったとしても、基本をきちんとマスターすれば、見違えるほど上手になりますので、心配は要りません。



それでは、ディスプレーの基本テクニックを、少し解説してみたいと思います。




■ディスプレーの基本テクニック■


ディスプレーに必要な基本テクニックは、次の2点です。


 @「空間コーディネイト」

 A「カラーコーディネイト」


まず、@「空間コーディネイト」で ディスプレー全体をコントロールし、次に、A「カラーコーディネイト」で、見え方や印象をコントロールします。


この2点をきちんと意識するだけで、グッと印象深いディスプレーにすることができます。


あとは、慣れに応じて、フォーミング(※)などの細かなテクニックを磨いていけばいいのです。


ですから、ディスプレーについては、この2点だけを、きちんと押さえていけば、心配はありません。


 ※フォーミング‥ピンやテグスを使ってボディに動きを出すテクニック



ただ、あくまでディスプレーの目的は、 『入店意欲を促進する』ことです。


細かなテクニックばかりに走るのではなく、基本パターンを押さえたうえで、消費者の立場でみて「思わず入店したくなるディスプレー」を考えていきましょう。



■空間コーディネイトの基本パターン■


空間コーディネイトには、大きく6種類のパターンがあります。


それぞれの特徴を理解したうえで、自店のイメージにあった構成パターンを実践してみましょう。



@三角構成

 最も基本的な構成パターンです。
 安定感があり、見ていて安心な感じがします。
 ベーシックやコンサバティブな商品に適しています。

     

 三角形のベストバランス:高さ=底辺×0.7 頂点=底辺の6:4の位置




Aリピート構成

 同じパターンを繰り返す構成パターンです。
 リズム感があり、遠くからでもよく目立ちます。
 色やデザインのバリエーションを訴求するのに適しています。
 棚の上など細長い空間を利用するのに最適です。

     




B対称構成

 左右対称の構成パターンです。
 荘厳で落ち着いた感じがします。
 クラッシックやフォーマルな商品に適しています。

     




C非対称構成

 左右のバランスを崩した構成パターンです。
 アクティブで斬新な感じがします。
 カジュアルやアグレッシブな商品に適しています。

     




D集中構成

 商品を一ヶ所に集中させた構成パターンです。
 視線が集中するので、商品自体の特徴や質感などを
 アピールしたいときに適しています。
 スポットライトを利用するとより効果がアップします。

     




E拡散構成

 フレームからはみ出たようなつながりを持たせた構成パターンです。
 スケール感や広がりを感じさせます。
 スポーツアイテムやブランドの世界観を訴求するのに適しています。

     



このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.