(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■ますます重要になる広報の役割■


マスコミに取材されることは、会社に数多くのメリットをもたらします。


営業が商品を販売するのと同様、マスコミに取材してもらうための活動は、とても重要な企業活動のひとつといえます。

このように、マスコミに対して自社の情報を発信し、取材してもらう活動のことを「広報」といいます。


情報化社会の現代、マスコミの力は、ますます強大なものになってきています。有名タレントがテレビで紹介した商品が、翌日スーパーで売り切れになってしまうといった現象などは、その一例ですね。


あっ!コレ、テレビで○○さんが紹介してたものだわ!
お肌にとってもいいんですって。

買わなくっちゃ!


広報活動は、いまや、有名企業だけではなく、あらゆる企業において、最も重要な経営戦略として、位置づけなければならなくなっているのです。


そのため、広報の役割が、経営において重要なポジションを担うようになってきました。


ちなみに、広報は、英語で Public Relations (パブリック・リレーションズ)といい、その定義は、アメリカの辞典ウェブスターによると、「企業がその事業活動や方針などを社会の公衆(Public)に知らせ、企業との関係(Relations)において良い世論をつくり出すように努力する機能」と定義されています。




マスコミを通じて、社会の公衆(Public)に自社の情報を知らせ、

良いイメージを持ってもらうこと、


これこそが、広報活動の真髄なのです。


ますます重要になる広報の役割。

広報は、これからの企業にとって、なくてはならない存在になっているのですね。



■「広報」と「広告」の違い■


広報を英語で略語にするとPRとなります。日本ではPRといえば、「広告・宣伝」として使う場合も多く、そのため、「広報」と「広告」を同じようなものと考えている人も少なくありません。

 そこで、「広報」と「広告」の違いについて、少し触れてみましょう。



「広報」は、企業からの情報を、マスコミ自身が価値を判断して、自主的に報道するものです。



それに対し、「広告」とは、企業がマスコミの広告スペースを購入して、自社の商品やサービスの宣伝を行うものです。



「広報」と「広告」は、似たような言葉ですが、意味はまったく違っているのですね。


それでは、次は、「広報」と「広告」それぞれのメリットとデメリットについてみていきたいと思います。



■「広報」と「広告」のメリット・デメリット■


広 報 広 告
情報の伝達はマスコミ側の判断に委ねられる。 企業の主張を思い通りストレートに伝達できる。
掲載されるかどうかわからない。 広告枠を購入しているので、必ず掲載される。
マスコミ記者による客観的な情報であるため、信頼性が高い。 広告宣伝として、先入観を持って見られるため、信頼性はイマイチ。
マスコミ報道であるため、掲載は無料(タダ!)。 広告掲載には、コストが発生する。


えっ?
画期的なシワ防止美容液を
A社が発売!?



えっ?
画期的なシワ防止美容液を
B社が発売!?



あれ?これ広告じゃないわ!



なんだ、広告じゃない!



きっと、効果があるんだわ!



きっと、効果ないわね。



買いに行かなくちゃ!



買うのやめとこう…。




FAX一斉配信サービスはこちら


このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.