(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
ショッピングモール・レポート
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■神戸・栄町通〜海岸通■


  


神戸・元町の南側、旧居留地の西側に隣接するエリア。

元町商店街に平行する形で、栄町通、海岸通の順で位置している。

ここ数年、レトロなビルを再利用した個性的なショップやカフェが続々と登場し、新たな文化発信エリアとして、注目されている。




■かつての東洋のウォール街は、個性的なショップが並ぶ文化発信エリアに


明治時代、神戸港ともほど近いこのエリアは、神戸の商業・交通の中心地として、とても栄えていました。

特に栄町通は、市電も走り、銀行や証券会社などが立ち並ぶなどして、「東洋のウォール街」とまで呼ばれていたとか。

当時の繁栄ぶりが想像できますね。

しかし時代の流れとともに、神戸の経済的中心地は三宮周辺へと移っていきます。

神戸大丸を中心とした旧居留地エリアはうまく再開発の波に乗り、神戸でのお買い物エリアは、三宮〜元町・旧居留地周辺というのが定着。

かつての商業の中心地は、長きに渡って人々の記憶からすっかり忘れ去れていました。


ところが!

ここ数年、レトロなビルを再利用したショップやカフェが続々と登場し、新たな文化発信エリアとして、注目度が急上昇。

元々「東洋のウォール街」と言われただけあって、古い重厚なビルが点在、また再開発の波が及ばなかったので、路地裏なども当時のままです。

街全体が、レトロでまったりした雰囲気。

その雰囲気をうまく利用した、個性的なオーナーショップが集まっています。


そんな栄町通〜海岸通周辺に、おしゃれなセレクトショップを見つけに行ってきました!



■栄町通周辺

まずは、栄町通周辺からスタート!

1軒目は、ブルーのオーニングにランプ模様が目印の「la lampe」さんです。



■la lampe■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通2-1-2 1F
TEL&FAX 078-321-6096
営業 11:00〜20:00 木曜休


栄町ではすっかりおなじみのショップです。

裏通りにありますが、全面ガラス張りなので店内がよく見渡せて、とても入りやすい雰囲気があります。

ウッディーな床とグリーンが、よくマッチしていて、目にもやさしいですね。



2軒目は、la lampeさんの姉妹店「point D'attache」さんです。



■point D'attache■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通2-1-13
TEL&FAX 078-392-0309
営業 11:00〜20:00 


la lampeさんの近くにあって、こちらも青いオーニングにイカリマークが目印です。

中が見えそうで、見えない、チラリズムな感じが、気になる雰囲気。

店内は雑貨比率が高く、おもしろそうなものがたくさんあります。

店員さんとおしゃべりしながら、お気に入りの一品をセレクトしたいですね。



次は、point D'attacheさんの上、2Fにある「FLAIR」さんです。



  

■FLAIR■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通2-1-13 2F
TEL&FAX 078-393-2006
営業 12:00〜20:00 無休

古めかしい階段を登って、赤い扉を開くとお目見えする、こだわりのユーズドショップ。

はためくチェッカーフラッグが目印です。

少し暗めのレトロ感漂う店内は、いかにもユーズドを扱うお店といった雰囲気。

じっくり吟味しながら、レアな一着をセレクトしたいですね!




次は、栄町ビルディングです。

派手さはありませんが、古びた雰囲気は当時のままで、いい味出してます!

セレクトショップや雑貨店などが入っています。

  ■栄町ビルディング



栄町ビルディング1Fにある、「antic」さんです。



 

■antic■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング 1F
TEL 078-392-8522
営業 12:00〜20:00 (土・日・祝 11:30〜)


ここも、栄町では有名なショップです。

なごみ系の店内には、なごみ系のカワイイお洋服がいっぱい!

女の子の夢がいっぱい詰まったショップですね。

お値段もお手頃価格で、これまたなごめます!



anticさんと反対側の1Fにある、「Kh(カーアッシュ)」さんです。



 

■Kh(カーアッシュ)■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3-1-6 栄町ビルディング 1F
TEL 078-321-1747


栄町にはめずらしい、ミセス向けのセレクトショップです。

ヤングターゲットのお店が多い中、ミセス向けにしっかりした商品を扱っているこのようなショップは貴重ですね。

落ち着いた雰囲気の中、店員さんとの会話を楽しみながら、じっくりと自分に合ったお洋服が選べそうでした。



anticさんのすぐ近く、裏通りにある、「zootie」さんです。



 

■zootie■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3-1-12 伊藤ビル 1F
TEL&FAX 078-332-4300


半分がアパレル、半分が雑貨のお店です。

とにかくところ狭しと商品が並び、見ていて飽きません!

オリジナルバックや、代官山のショップでしか手に入らない商品も発見。

宝物探し気分で、お買い物したいですね。



次は、「dress code」さんです。



 

■dress code■
〒650-0023 神戸市中央区栄町通1-1-10
TEL&FAX 078-393-5257
営業 12:00〜20:00 


白い壁、白い扉、奥にゆらめくシャンデリア…。

思わず吸い寄せられるように入ってしまったお店です。

アンティークな空間に、ゆったりと商品が並べられています。

空間を楽しみながら、ゆったりとした気分でお買い物できそうですね。



■海岸通周辺

栄町通周辺の散策を終え、海岸通まで足を伸ばしました。


まずは、イエローの外観が遠目にも目立っていた、「DEBUTTO」さんです。



  

■DEBUTTO■
〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-2
TEL&FAX 078-391-5650



このエリアでは珍しい、ビル入居型ではなく、1軒単独のショップです。

薄いイエローの外観は、遠目からでもよく目立っていて、思わず「何?」と興味をそそられます。
店内には、ハイセンスなメンズ、レディースアイテムが揃っています。

一見敷居が高そうだったのですが、とんでもない!買いやすいお値段にびっくりしました。

ソファがあるゆとりある空間で、くつろいでお洋服選びができそうです。



海岸ビルヂングです。

時代を感じさせる重厚感あふれる外観は、いつ見てもホレボレします。

古いものって、やっぱりいいですね〜。

 ■海岸ビルヂング



海岸ビルヂング1Fの顔的存在のショップ、「KBF」さんです。



  

■KBF■
〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-5 海岸ビルヂング1F
TEL 078-335-1275


アーバンリサーチが展開しているブランドショップ、全国に9店舗ある中の1つです。

モノトーンを中心としたアイテムが、白くシンプルな店内にマッチし、更にビル全体の雰囲気にも絶妙にマッチしていました。

とにかく美しい!の一言。

この衝撃は、その昔、旧居留地のアニエスBを見たとき以来かも。

広い店内は、奥に迷路のようになっていて、とてもおもしろいですよ。



最後は、海岸ビルヂング2Fの「mature」さんです。



 

■mature■
〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-5 海岸ビルヂング209号室
TEL&FAX 078-333-5060


ビル中央の堂々たる階段を登りきったところ、2Fの左奥にある帽子専門店。

ここも、神戸を紹介する雑誌には、必ずといっていいほど登場するお店です。

店内には、帽子好きにはたまらない帽子の数々。

アクセサリー類も揃っているので、合わせてコーディネイトも可能です。

ゆっくり、まったりした空間で、オーナーとのおしゃべりを楽しみながら、自分にぴったりの一品をセレクトできそうですね。



■最後に

神戸で、栄町周辺といえば、トアウエスト周辺と人気を2分する、個人が出店したい、できる、エリアです。

まだまだ大手資本の手の伸びていない(最近伸びつつありますが)このエリアは、個人オーナーの個性的なショップが多いのが特徴。

客も都心では薄れてしまった、「個性」や「まったり感」を味わいにやってきます。

とはいえ、人が集まりだし、メディア露出が増え、商売として成り立ち始めたら、大手資本が入ってくるのが世の常。

そうなると、結局どこも同じになってしまって、街としての魅力が半減してしまいます。

個人ショップが頑張れるエリアとして、このまま発展し続けて欲しい、というのが本音であり、願いでもあります。

2006.11.28(火)

楽天

このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.