(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■ストアコンパリゾンとは■


「市場リサーチ」のうち、比較的手軽に行なえ、また、重要な情報を得る手段が、


この【ストアコンパリゾン】です。


【ストアコンパリゾン】とは、競合店比較調査のことで、競合店を調査することにより、そのショップの成功要因を探り、自店の改善に役立てていくものです。


また、自店の運営をまだ始めていない新規開業予定者にとっては、このストアコンパリゾンを通じて、他店の真似すべき良い点を知るだけでなく、真似してはいけない悪い点を知ることもできます。


そして、このようなことは、開業を始めてからより、むしろ始める前の方が、敏感に感じ取れるものです。


ひとりの消費者として、感じたことを素直に掴みとってみましょう。




----------------------------------------------------------------------
■ストアコンパリゾン対象ショップ■


では、実際にストアコンパリゾンするとき、リサーチすべき対象ショップは、どのように選べばよいのでしょうか?


一般的には次の4つがリサーチ対象とすべきショップとなります。


1.出店候補地の半径5キロメートル以内にある競合店

2.近隣都市にある業績の良いショップ、話題のショップ

3.好きな雰囲気のショップ

4.イヤな雰囲気のショップ



路面店や百貨店やショッピングモール内のインショップなど、立地にはあまりこだわらず、いろいろなタイプのショップを見てまわりましょう。


また、繊研新聞ファッション販売など業界専門誌には、業績の良いショップや、話題性のあるショップの情報が、たくさん載っていますので、リサーチ店選びの参考にするとよいでしょう。


----------------------------------------------------------------------
■ストアコンパリゾンでのリサーチ項目■


ストアコンパリゾンにあたり、リサーチする項目は、大まかに次の通りです。


1.商品について

○どんな商品を扱っているか?(デザイン、色など)
○動きの良さそうな商品は?
○気になる商品は?


2.接客について

○接客態度は良いか?悪いか?
○どんな点が良かったか?また悪かったか?


3.内外装について

○どのような内外装か?(壁面や床の素材や色)
○ひきつけられる特徴はあるか?
○それはどのような点か?


4.店内レイアウトやディスプレーについて

○見やすく、選びやすく、買いやすいレイアウトか?
○打ち出しは明確か?(テイスト、デザイン、カラー)
○それは魅力的に感じるか?どのような点が魅力的か?


5.客層について

○店内の客層は?
○滞在時間はどのくらいか?
○見ているだけか、それとも買っているか?


6.その他特筆すべきこと、感想など


これら項目に、「調査日時、店名、立地、スタッフ人数、広さ」を書き加え、調査表を完成させます。


以上の確認項目は、いざショップに行ったときには、忘れてしまいがちなので、リサーチ項目を書き込んだ、「チェックシート」を事前に準備しておくと便利ですよ。


----------------------------------------------------------------------
■ストアコンパリゾンのすすめかた■


ストアコンパリゾン当日の持ち物は、


1.チェックシート(調査項目を予め記入したもの)

2.筆記用具

3.デジタルカメラ



などです。


筆記用具などを、その場ですぐ取り出せるよう、口の大きいバックを持っていくとよいでしょう。

まず、リサーチ対象ショップの近くに来たら、メモを取ったりする場所を確認しておきます。

調査項目は多岐にわたるので、即メモを取らなければ内容を忘れてしまいます。

かといって、店内でメモをとっていると怪しまれますので、メモを取れる場所を事前に確認しておきましょう。


そして、調査の際、いきなりショップに入ることはせず、まずは周辺を見てまわりましょう。

このとき、店の周辺の雰囲気や外装、通行量などを確認しておきます。


ひと通り、周辺調査を終えたら、いよいよショップに入って調査を開始します。

ゆっくりと店内をひとまわりして、内装やレイアウトを見ていきます。


そして、商品を見てまわり、接客も受けてみます。

できれば、試着もしてみるとよいでしょう。


----------------------------------------------------------------------
■ストアコンパリゾンでの注意点■


ストアコンパリゾンを行なうときには、いくつかの注意すべきことがあります。

以下の注意を守って、気持ちよくストアコンパリゾンを行ってくださいね。


1.店内で写真は撮らない。内外装の撮影も了解を得てから行なう。

店内の無断撮影はマナー違反です。

撮りたい商品やディスプレーがあっても、勝手な撮影はやめておきましょう。

また、参考にしたい内外装があれば、スタッフに了解を得てから撮影するようにしましょう。



2.店内でメモを取らない。

これまたマナー違反です。メモは事前に確認しておいた場所で行なうようにしましょう。



3.服装に気をつける。

ショップの雰囲気にマッチした服装で出かけましょう。

よく、男性にありがちなのが、仕事だからとスーツ姿でカジュアルショップに出向くこと。

リサーチなのがバレバレです。

ストアコンパリゾンでは、やはり、カジュアルな服装が無難でしょう。



そして最後に、

4.キョロキョロせず堂々と!

調査と思うと、最初は誰でも緊張するもの。接客を受ける際は特に緊張しがちです。

でも、ストアコンパリゾンは悪いことではないので、堂々と行なってくださいね。

目線キョロキョロは、逆に怪しまれてしまいますよ。



私もアパレルメーカー勤務時代から、よくこのストアコンパリゾンに出かけていきます。

思わぬ発見をして、仕事に役立ったことも一度や二度ではありません。

ですから、ちょっと緊張するかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.