(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■仕入先を開拓する(海外仕入れ編)■



海外製品の仕入れ方法は、大きく2つあります。


 ●国内の問屋、代理店、輸入業者などから仕入れる

 ●直接海外に行って仕入れる


では、それぞれの方法について、説明していきますね。


----------------------------------------------------------------------
■国内の問屋、代理店、輸入業者などで仕入れる■


商品が海外製品というだけで、国内製品の仕入れ方法と変わりはありません。


問屋、代理店、輸入業者などに直接連絡し、取引開始を申し出ます。
(問屋は「入店許可証」が必要なので、事前に交付申請を行ってくださいね)


メリット

・海外に出向くよりは、仕入自体は楽です、また、経費も抑えることができます。


デメリット

・マージンが乗っている分、仕入原価が高くなる。

・同じ商品がどこにでも出まわる可能性がある。




----------------------------------------------------------------------
■直接海外に行って仕入れる■


直接海外に行って仕入れる<メリット>は、なんといっても、


日本にないものが、安く手に入る


という点です。


仕入価格という点では、代理店などで仕入れるより、3〜4分の1程度安くなるようです。

売れれば、航空運賃、宿泊代など経費を差し引いても、充分な利益を確保できます。


ただし、海外は日本と商慣習がかなり違います。日本の感覚で行くと戸惑うことも多いでしょう。


そこで、海外メーカーとの取引で注意すべき点をいくつか挙げておきます。


----------------------------------------------------------------------
■海外メーカーとの取引きでの注意点■


1.ミニマムがある

ミニマムとは、取引の際の最低金額や最低数量をいいます。

たとえば、最低でも上代で200万円発注しなくてはいけないとか、アイテムはこれとこれを、必ず入れないといけないとか。

日本のメーカーのように、欲しい分だけを発注、というわけにはいきません。



2.100%買取制

海外メーカーとの取引の場合、基本的に返品はできません。

日本のメーカーも100%買取を条件にしている場合がありますが、現実的には交渉に応じてくれるところが多いのですが、海外のメーカーの場合は、ほとんどが100%買取制です。



3.納期遅れやクレーム品が多い

納期遅れやクレーム品の頻度は、日本のメーカーより多いようです。

返品交渉が成立しても、返品の際の空輸代が高くつき、ヘタすると損をする場合も。

ですから、商品ロス分をあらかじめ見込んでおく必要があります。



4、契約書がある

これは、注意点というより良い点ですね。

日本は商慣習として、取引条件などの取り決めが口約束の場合も多く、非常にあいまいです。

海外は契約の世界ですから、この点はきっちりしています。

ここは日本のメーカーも、ぜひ見習ってほしいところですね。



このほかに、海外取引には、輸入や税金の知識も必要です。

ミプロ(財団法人対日貿易投資交流促進協会)が運営するサイトは、小口輸入に関する知識やノウハウが満載です。


ご参考までにリンクを貼っておきますね。

●対日貿易投資交流促進協会(略称ミプロ)
http://www.mipro.or.jp/


----------------------------------------------------------------------
■【シッパー】をご存知ですか?■


慣れない海外での仕入れ、

「語学力には自信がないし、現地に人脈もないし…」

こんな悩みを解決してくれるのが、【シッパー】なんです。


【シッパー】とは、現地のメーカーやショップなどに独自のコネクションを持ち、日本人相手に、ビジネスの仲介役をしている、いわばコーディネーターのこと。

通訳はもちろん、仕入交渉や現地での運転手役まで行ってくれるそうです。


普通は日本人を相手にしないような有名メーカーでも、シッパー同行だとOKだとか。

有名セレクトショップのバイヤーにも、お世話になっている人が多いです。


でも、良いシッパーはなかなか見つからないという話も聞きます。

最終的には、やはり「人脈」が重要なようです。



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.