(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■内装・外装(準備編)■


ショップの内装や外装をどうするか、これはとても重要な問題です。


なぜなら、


『 人の第一印象が【容姿】で決まってしまうように、ショップの第一印象は【内装と外装】で決まってしまうからです。』


これに対し、一般的にもっとも重要と思われている【商品】は、人にたとえるなら、【性格】にあたります。


たまに、セレクトショップの経営者様から、

「うちの商品は最高なのに、なんでお客さんが来ないんだろう?」

と相談されることがありますが、


これは、商品は人にたとえると性格にあたるということを、理解されていないのですね。


人とのお付き合いと同じで、商品の良し悪しは、まずショップに入って、近くで見て、触って、実際着てみて…、

じっくり付き合わないとわからないことが多いのです。




でも、【内装と外装】は一目瞭然!見ればわかります。


お客様は、そのショップをほんの一瞬、わずか数秒見ただけで、

  「このショップステキ、入ってみよう!」

とか、

  「どこにでもあるショップね、別に入るまでのこともないわ。」

と判断してしまうのです。


そして、この第一印象を変えることは、とっても難しいです…。


つまり、ショップの第一印象が、すべてを決めてしまうのです!


こんな話を聞くと、ちょっと尻込みしちゃうかもしれませんね。


  「やっぱり、内外装におカネをかけないとダメか…」と。


でも、ご安心を!(^_^)


別におカネを掛けたからといって、いいセレクトショップができる、というものではないんですよ。


だってそうでしょう!

美人で高価なアクセサリーを身につけていなくても、ステキな人はいくらだっていますよね。


服装は地味でも、そのステキな性格がにじみ出て、第一印象から、好印象を持たれる人はたくさんいます。


100人いれば、100通りの容姿があるように、100店あれば、100通りの内外装があっていいんです!


大切なのは、

『性格(商品)にマッチした容姿(内外装)であるか』

ということ。


要するに、人間と同じように、

『内面がにじみ出た外見であるか』 

ということです。


あなたのショップの性格(商品)はどのタイプですか?


ナチュラル系? エレガンス系? ストリート系? クール系?


まずは自店の商品タイプを認識して、そのうえでどんな内外装にすべきか、イメージしてみてくださいね。

ショップづくりのスタートは、まずここからです!


----------------------------------------------------------------------
■ストアコンパリゾンする■

でも、真っ白な状態からイメージするって、難しいですよね。


デザインが起こせる、建築かインテリア関係に携わっていた、なんて方でないと、ムリかも知れません…。


では、どうするかというと、


「街に出て同業他社をリサーチする」のです。


このことをアパレル業界では、【ストアコンパリゾン】といっています。


まずは、ここからはじめてください。


ストアコンパリゾンとは


このストアコンパリゾンの際、やっておくべきことは、


●気に入ったショップがあれば、写真撮影しておくこと。


ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ショップの方にお願いして、内外装の写真を撮らせてもらいましょう!

ただし、百貨店やファッションビルなど商業施設では、店内の撮影が一切禁止されているケースがほとんどです。

マナー違反ですので、そのような場所での撮影はやめておきましょう。

(私もメーカーの営業時代、やっちゃたことあるんですよね。上司にこっぴどく叱られました^_^;)


----------------------------------------------------------------------
■本や雑誌を参考にする■


これもイメージを膨らませるのに、とても役立ちます。

参考になりそうな気に入った写真や記事があれば、切り抜いておきましょう。

先ほどお話したように、内外装のポイントは、


『性格(商品)にマッチした容姿(内外装)であるか』


ということです。


自分の感覚として、「これだと違和感ないよね」と思える範囲のショップをセレクトしてくださいね。

同じような商品を扱っているかどうか、が判断基準ですよ。


----------------------------------------------------------------------

一通りリサーチできたら、それらを、


●1冊のファイルにまとめておきます。


その際、どの部分が気に入ったのか、素材感はどのような感じだったのか、などコメントがあれば記入しておきます。

これは、後からデザインを起こす際や、施工業者に工事を依頼する際、とても役立ちます。


専門家の意見を聞くにしろ、まず自分のイメージありき、です。

納得のいくショップづくりをするためにも、ぜひ、この下準備をやっておいてくださいね。



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.