(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■内装・外装(実践編)■



内外装のイメージが固まったら、いよいよ工事に突入です。


工事のやり方としては、

  1.すべて自分で行なう。
  2.部分的に自分で行い、あとは施工業者に依頼する。
   (例えば、壁塗りだけ自分でする、デザインだけ自分でする、など)
  3.すべてプロに任せる。

以上の3通りの方法があります。


私のオススメとしては、やはり、「3.すべてプロに任せる」です。


永らくのアパレル業の経験上、実店舗においては、内外装の良し悪しで、ショップの成否の70%が決まってしまいます。


ショップのつくりが良くないと、いくら優秀なコンサルタントに頼んでも、なかなか売上げ向上には結びつかないのが実情です。(私がこんなこと言っていいのかなぁ?)




一例として、当社と山岸デザイン事務所が共同プロデュースした、

プロメナ神戸のサングラス専門店 【iZONE-NEW YORK】の店舗写真をご紹介します。

2007年3月のオープン以来売上げも好調で、お客様の支持を受けています。

外装写真1 外装写真2


山岸デザイン事務所は、 デザインだけでなく、どうすればお客様に支持されるか、つまり、売れるショップはどうあるべきかを良く知っている、数少ないデザイン事務所のひとつです。

やはり、予算が許せば、デザイン及び内外装は、プロに任せるのが正解ですね。


----------------------------------------------------------------------

「でも、あんまり予算がないんだよね〜」って、そんなアナタ!

大丈夫です!!

工夫次第で低予算でもショップづくりは可能です。

セレクトショップって、極端なことをいえば、

空間に什器(棚、テーブル、ハンガーラックなど)さえあればOK!


これが、飲食店などだとそうはいきませんよね。

厨房設備の設置なんて、まず素人ができるような工事ではありませんものね。

ですから、セレクトショップは、工夫次第で、かなり低予算のショップづくりが可能、というわけです。


中には、すべて自分達で手作りし、かかったのは材料費の20万円だけ、なんてツワモノも!


以前、ブロックを積み上げて、その上に板を載せただけのセンターテーブルを置いてあるショップを見かけたことがありますが、店の雰囲気に馴染んでいて、まったく違和感はありませんでしたよ。

要はセンス次第、いろいろ工夫してみてくださいね。


ただ、その際の注意点としては、

●電気と上下水道工事だけは、資格を持った人しか工事ができないので、専門業者に頼むこと。

●部分的に自分で行なう場合は、どの部分を自分でするのか、事前に業者ときちんと打ち合わせしておくこと。


の2点です、覚えておいてくださいね。


----------------------------------------------------------------------
■施工業者の探し方■

さて、どうやって施工業者を探すのか、ということですが、


業者の探し方は、

○専門誌、インターネット、電話帳で探す

○友人、知人のルートで探す

○入居するテナントビル、メーカーからの紹介

○物件を仲介してくれた不動産屋からの紹介

○気に入ったショップからの情報


などが挙げられます。


特に、気に入ったショップ(下準備編で写真を撮らせてもらったショップなど)からの情報は確実です。

なにしろ施工例がそのショップですし、ショップの人からその業者の評判を聞き出せれば、これほど確実な情報源はありません。


ぜひ、実行してみてくださいね。


いずれにしても、必ず、実際の施工例を見せてもらうようにしてください。

インターネットでも、施工事例をたくさん載せている業者を中心に情報収集してくださいね。


そして最終的には、複数の業者から見積もりを取って判断してください。

自分の予算と照らし合わせながら、無理のない範囲で、納得のいく業者を選びましょう。



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.