(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■スタッフの採用■



あなたは、何人くらいでショップをスタートしたいと思っていますか?


○「できる限り少人数で始めたい!」

○「できれば自分ひとりでスタートしたい!!」


きっとそういう方が多いかと思います。


経費のことを考えれば当然ですよね。


そもそもセレクトショップって、何人くらいスタッフが必要なのでしょうか?


それはズバリ、 【ショップの広さ】 で決まります!




一般的な目安としては、

●3坪まで…1人で運営可能

●6坪前後…繁忙時は1人では無理。2名体制で。

●10坪以上…2名体制以上で。



となります。


もし、あなたが6坪以上のショップを考えているのならば、2名以上の体制で臨まなければ
なりません。

逆に自分だけ運営を考えているのなら、小さなショップからのスタートが無難。

私の経験から言えば、5坪くらいまでなら、なんとか1人でOKではないでしょうか。


知り合いの女性オーナーも、5坪のショップを1人で運営していますが、これ以上広くなったらムリとおっしゃっていました。


『1人では5坪がギリギリ限界』


これを覚えておいてくださいね。


「そうかなぁ、もっと広くても一人でできるんじゃない?」

そう思ったかたもいらっしゃるかもしれません。


なぜ、1人では、5坪が限界かというと…?


----------------------------------------------------------------------
■セレクトショップは裏方仕事■


よく、セレクトショップ運営=販売のお仕事 と思われている方がいますが、それは間違いです。

セレクトショップって、想像以上に裏方のお仕事が多いんですよ。


たとえば「仕入れ」のお仕事。

見落としがちですが、仕入れは時間と労力がかかります。

アパレルの仕入れは、メーカーや問屋に出向かないといけないので、その時間は、ショップを離れないといけないのですね。


だから、1人だとお休みをつぶして定休日に行くか、さもなくばショップを閉めて行くことになります。

1人ではちょっとハードですね。


その他にも、商品整理、ディスプレイ、経理事務にDM発送‥。

接客以外にも、たくさんた〜くさんやることがあるのです。


このことを念頭に、スタッフ採用について、考えておくようにしてくださいね。


でないと、せっかくショップをオープンしてお客さんも増えたのに、過労でダウンなんてことになりかねません。(こんなケース、結構多いんですよ。)


「やっぱり1人じゃ無理みたい。でも、頼れる身内はいないし‥。」

そんなあなたに、スタッフの募集方法と注意点をお届けしましょう。


----------------------------------------------------------------------
■スタッフの募集方法と注意点■


●スタッフの募集方法には、


1.地元の求人誌を利用する

2.ハローワークを利用する

3.友人、知人の紹介

4.店頭に求人のポスターを貼る


などがあります。


特に、4.店頭に求人のポスターを貼る は、既にショップを良く知る人材が確保しやすいのでオススメです。

手間も経費もかかりませんしね。


オープンには間に合いませんが、オープン後人手が足りなくなって、スタッフを募集しなくてはいけない時は、ぜひやってみて下さい。



●スタッフ採用時の注意点

同居の親族以外に、誰か他人を雇用する場合は、小規模な商店であっても、

『労働保険』( 労災保険 と 雇用保険 )に加入しなければなりません。


つまり、いくら小さなショップでも、1人でもスタッフ(パートやアルバイトも含む)を雇えば、

例えば、雇用保険の場合、週の労働時間が20時間以上であるならば、保険に加入し、保険料を納めなければいけません。


当然、事業主側は、スタッフに支払うお給料以外にも、保険料負担がかかってきます。

見落としがちですが、頭に入れておきましょう。


ちなみに、未加入が判明すると、追徴金や延滞金支払などのペナルティが課せられます。

法律違反となってしまいますので、注意が必要です。


人を雇い入れる場合は、忘れないようにしましょうね。


労働保険について、詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。
↓↓↓
厚生労働省「行政分野ごとの情報」



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.