(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップ開業までのスケジュール
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■売場を演出しよう!■


商品が入荷したら、オープン日に合わせ、売場を演出していきます。


売場演出の基本は、

『 見やすく、選びやすく、買いやすく 』

そのことを常に意識しながら、売場作りを行なっていきましょう!


手順としては、

1.ゾーニング
   ↓
2.レイアウト
   ↓
3.ディスプレー


の順番です。



ここでのポイントは、


● 細かいところからやっていかない!●


初心者の方は、細かいところから手をつけがちです。

例えば、いきなりアクセサリーを並べはじめたり…(^_^;)

それではいくら時間があっても足りません!




「見やすく、選びやすく、買いやすい」売場を作るためにも、

手順に沿って、大 ⇒ 中 ⇒小 の作業を行なっていきましょう。


それでは、それぞれの手順を説明していきますね。


----------------------------------------------------------------------
■まずは、ゾーニング■


ゾーニングとは、商品や売場を 【 区分 】 することです。


最初にこの作業をしておくと、後々の作業効率がアップします。

まずは、大雑把にでもよいので、商品と売場を区分しておきましょう!


■商品の区分方法■

アイテム別、テイスト別など、様々な切り口が考えられます。
 
店の規模や展開時期などを考えながら、あなたのショップにあった切り口で区分して下さい。
 

切り口の例は、こちらで詳しく解説しています。
参考にして下さいね。
 ↓↓↓
「商品構成を考える」



■売場の区分方法■

売場は、大きく、【VMDゾーン】【スタッフゾーン】に分けられます。


○VMDゾーン   … 商品を演出する場所

○スタッフゾーン 
… レジや試着室、鏡前など、スタッフが使う場所



VMDゾーンは、更に【VP】 【PP】 【IP】の3つの場に分かれます。


○VP (Visual Presentation) … ショップイメージを作る場所

重点商品やテーマなどをトータルで表現する。
(ショーウインドウなど。)

○PP (Point of Sales Presentation) … コーナーの「顔」を作る場所

IPの中の代表する商品を強調して見せる。
(テーブルや棚の上など。)


○IP (Item Presentation) … 商品を陳列する場所

商品特性(アイテム、デザイン、カラーなど)で分類して見せる。
(棚、ハンガーラックなど。)



----------------------------------------------------------------------
■次に、レイアウト■


レイアウトとは、商品や什器を 【配置】 することです。


ここで考えなければならないのは、

「 どうすれば店全体をお客さまが回遊してくれるか? 」

ということです。


これを 『 【客導線】を考える 』 といいます。


ゾーニングと照らし合わせて、回遊性の高い【客導線】を作る努力をしましょう!


ポイントは、
 
●アイキャッチャーで奥へ奥へと引き込む!

●溜まり場をつくる!


です。


試行錯誤しながらでもいいので、いろいろトライしてみて下さいね(^o^)


----------------------------------------------------------------------
■最後に、ディスプレー■

ディスプレーとは、商品を 【陳列・演出】 することです。


ここにきてようやく細かい作業に入っていきます。

商品の魅力を最大限に引き出せるよう、工夫しましょう!


■陳列方法■

陳列方法には、「たたみ」 と 「ハンギング」 があります。

更にハンギングには、 「フェイスアウト」  「スリーブアウト」 があります。


○フェイスアウト … 商品の正面部分を見せる掛け方

○スリーブアウト … 商品の袖部分を見せる掛け方


ニットなど型崩れする商品は、「たたみ」が適しています。

デザインを見せたい商品は、「フェイスアウト」が適しています。

カラーやサイズ展開などを見せたい商品は、「スリーブアウト」が適しています。


それぞれの商品に合った陳列方法を行なっていきましょう。


■演出方法■

演出に必要な基本テクニックは、【空間コーディネイト】【カラーコーディネイト】です。


まず「空間コーディネイト」で全体をコントロールし、

次に「カラーコーディネイト」で見え方や印象をコントロールします。


あとは、慣れに応じて 「フォーミング」 などの細かなテクニックを使っていきます。

○フォーミング … ピンやテグスを使ってボディに動きを出すテクニック



ディスプレーの目的は、 『入店意欲を促進する』 ことです。

まずは「空間」と「カラー」をきちんと押さえて、印象深いディスプレーを心がけましょう!


ディスプレーでのポイントは、

●テーマを持った打ちだしを!

●コーディネイト提案をする!

です。


バックやアクセサリーなど小物も忘れずにディスプレーして下さいね(^o^)



戻る
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.