(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップの開業形態
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■知っていますか?販売代行■


これは、他の業界にはあまりない、アパレル業界に独特なものだと思うのですが、

アパレル業界では、【販売代行】という開業の方法もあります。


【販売代行】とは、

売り場で販売に関わる業務だけを請け負うことで、店舗取得費や内外装費、家賃、商品リスクなどはメーカー側が持ち、代行業者は、基本的に人件費のみの負担で、ショップ運営を任されます


つまり、初期投資ゼロ(スタッフの人件費は要りますが)で、リアルショップの運営ができるということですね。




ですから、アパレル業界では、販売力があり、将来自分のショップを持ちたい販売員は、まず、販売代行業者として独立し、実績を積んでから、自店を持つケースも多いのです。


しかし、代行業者としてメーカーが契約してくれるには、それ相応の販売力が必要です。

誰でもが代行業者として契約してくれるわけではありません。


メーカー側としても、自社で販売員を雇うより、代行業者に頼んだ方が有利だと判断するからこそ、契約するわけですからね。


ちなみに、代行業者の取り分は、売上げ代金の10〜20%程度


ショップの規模にもよりますが、私の経験からすると、月売り500万円がボーダーラインではないでしょうか?


それ以下だと、赤字か、それ以前にメーカーに契約を打ち切られてしまう可能性があります。



現在、販売員をされている方がいらっしゃいましたら、


販売代行業で独立



という選択もいいのではないでしょうか。



トップページへ
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.