(有)ネオナレッジ−ゼロからはじめるセレクトショップ− ゼロからはじめるセレクトショップ
ホームサービス概要プロフィールリンク集お問い合わせ     (有)ネオナレッジ
セレクトショップのための問屋活用法
アパレルウェブ・ブログ
ファッションビジネス from WEST
アパレルウェブ・ブログ ファッションビジネス from WEST
日本最大級のファッションアパレル情報サイト【apparel-web.com】のアパログにて、ファッション・ビジネスに関する、情報を発信しています。
詳細へ
無料メールマガジン
創刊より丸7年、登録者数は1000名を突破しました。開業予定の方だけでなく、すでにショップを運営されている方にも、ご愛読をいただいております。
詳細へ
DVDセミナーのご案内
売場改善VMDセミナー
自分で出来る!今日から出来る!

売場改善VMDセミナー
\12,800
おカネをかけずに、自分で出来る!今日から出来る!、『売場改善VMDセミナー』 商品の見せかたを変えるだけで、売上は確実にアップします!
詳細へ
広告エリア




■問屋とのつきあいかた■


新規開業者にとって、「問屋」はとても便利な存在ですが、つきあいかたには、ちょっとした注意点があります。


それは、以下の3つです

1.初心者であることを素直に伝える。

2.最初は現金取引で。

3.値引き交渉はせず、最低ロットの交渉を。



以上の点に注意して問屋との交渉にあたれば、きっと末長くいい関係のおつきあいができるのではないかと思います。




1.初心者であることを素直に伝える。

新規開業者であることで、ナメられないようにと、知ったかぶりをしても、相手はプロですから、すぐに見破られてしまいます。


それよりも、初心者であることを素直に伝え、自分のビジョンやショップ・コンセプトを話し、それに共感してくれる問屋を探すことの方が、ずっと重要です。



2.最初は現金取引で。

長引く不況の中、貸し倒れや取り込み詐欺などが増加しており、問屋側も新規取引に慎重になってきています。

ですから、最初は現金取引が原則です。


取引回数が増えていくのに従い、問屋の方から掛売りの提案をするのが、この業界の通例となっていますので、最初から掛売りの交渉はしないようにしましょう。



3.値引き交渉はせず、最低ロットの交渉を。

新規開業者には信用も実績もありません、ですから、最初は値引き交渉をしない方が無難です。

それに、最近は情報が発達しているので、人によって値段を変える問屋はほとんどありません。

不当に高い価格で買わされる心配もありませんので、値引き交渉はしない方がいいでしょう。


それよりも、仕入れの最低ロットを下げてもらう交渉をするべきです。


たとえ価格が高くなったとしても、売れ残りのリスクを軽減する方が、新規開業者にとって、大きなメリットとなりますからね。

それに、問屋側にとっても、年1回100着の取引よりも、年10回10着の取引の方が、嬉しいものです。


ですから、値引き交渉はせず、最低ロットの引き下げ交渉をするのがベターでしょう。



以上、問屋の活用法について、簡単にご紹介しました。


実際に開業されるときには、「問屋」を上手く利用してくださいね。



トップページへ
このサイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004- Neo-Knowledge,Ltd.